となりのデジタル 第46号  波動拳で一攫千金

最近、こんなニュースを目にしました。

ボッチャ日本代表 史上初の銀メダル! 

46-1.jpg

私は「ボッチャ」を人生ではじめて知りました。 

オリンピックやパラリンピックを見ていると、

世界中にいろんなスポーツがたくさんあることに気づかされます…

 

いろいろマイナースポーツを

検索していくと、

こんなスポーツもありました!

 

なんじゃこれ…

46-2.png

チェスとボクシングを交互に行う「チェスボクシング」

ネーミングそのままですが、

なんと、世界大会まであります。

 

そして、

これも。

46-3.jpg

ストリートファイターじゃねーか?

 

違うんです。

歴としたスポーツなんです。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、

今、注目される市場のひとつ、

エレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)と呼ばれる

コンピューターゲームやテレビゲームで行われる対戦型ゲーム競技です。

 

ストリートファイターは

世界大会もあり、

優勝賞金1500万。

 

このお二方は、

2015年の覇者かずのこことユンさん()と、

2位は日本人でウメハラこと梅原大悟さん()

ウメハラは日本有数のプロゲーマーだそうです。

46-4

 1990年代後半頃から、

欧米を中心に少しずつ広がり、

現在ではプロチームやプロリーグが多数存在し

世界のeスポーツ競技人口は

なんと約9000万人以上といわれており、

トッププロゲーマークラスになると

賞金・契約金などで億単位の収入を得ているそうです。

 

まさに国内E-sports市場はこれから。

そんな中

20154月に日本eスポーツ協会が設立されました。

http://jespa.org/

 

実は、その理事を務めるのが、

電通スポーツ局 平方次長。

 

さらに、

私のとなりのデスクの森岡君も、

前部PJ【日本のE-sports市場拡大】を推進していたそうで、

いま世界で一番プレイされているゲーム「League of Legends」を提供している

Riot Games Japan(米国)をクライアントとして活動しているとのこと。

 

※「League of Legends

http://lolsokuhou.com/1996

http://lollogaming.blogspot.jp/2015/01/lol.html

 

日本ではまだまだ認知度が低く、

スポーツとしても

エンターテイメントとしてもまだまだマイナーですが、

日本人プレーヤー人口はすでに多く存在しており、

市場ポテンシャルはかなり大きいと言えます。

 

海外ではスポンサーが当たり前ですが、

日本ではこれから。

 

大会ごとにスポンサーを募る動きも活性化していくるなかで、

コンテンツにご興味がある方は、

ぜひ大隅のとなりの森岡君にお問い合わせください。

 

プレーヤー層は2125歳男性が一番多く、次いで2629歳男性とのこと。

46-5

87()に日本LoL大会の決勝戦@グランドプリンス新高輪より

http://www.gamespark.jp/article/2016/08/08/67808.html 

 

もしかしたら、

オリンピックやパラリンピックで

eスポーツが正式に採用される日が

遠からず来るかもしれません。

 

ますます盛り上がる

eスポーツに注目です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中