となりのデジタル第25号 子供とデジタル

昨日のこと。

25-1.jpg

なんとなく事の顛末が予想できてしまうタイトルでしたが、デジタルっぽい話題だったので覗いてみました。

1歳の娘の息が止まっているのを発見した母親がSiriに話しかけて救急車を呼び病院に運び込まれて事なきを

得たそうです。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00010007-newswitch-ind

 

個人的にはYahooのトップページにあがるほどのニュースなのか?と思うのですが、

デジタル技術の進化が幼い子供の人命救助に直結した好事例と理解することにします。

 

私はSiriを使うことはありませんが、15か月になる長男のおむつを換えるときにスマホの力に頼っています。

Youtubeで動画を見せてやると、おとなしくしてくれるのでとても助かるのですが、

一方でそんな小さな時からデジタルを多用していいのだろうかと思っています…

 

とはいえ、教育の場でもデジタルデバイスの導入に向けた準備が着々と進んでいるようで

ますます子供たちの間にデジタルが浸透していきそうです。

 

カリフォルニア州南部のCoachella Valley学区では2013年、学区内の生徒2万人にiPadを配布したところ

「高校の卒業率が65%2011年)から82%2015年)に上昇した」という報告もあるそうです。

25-2.jpg

一方で、ヨーロッパを中心に日・米を含め34ヶ国の先進国が加盟する国際機関OECD

「小中学校へPCやタブレットを積極的に導入しても、児童生徒の学力向上を得ることはできないばかりか、

却って学力低下につながる恐れがある」という調査結果を発表しているそうです。

 

賛否両論ありますが、教育のデジタル化の流れは加速するのでしょう。

ただ、せめて教科書に落書きして先生に叱られるくらいの‘遊び’はあってもらいたいものですね。

 

そして1年ほど前の記事ですが、電通報でも同様のテーマが取り上げられていました。

http://dentsu-ho.com/articles/2378

 

教室にいる子供が全員タブレットを持っているなんて想像がつきませんが、

そう遠くない未来のことなのかもしれませんね。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中