となりのデジタル第9号 筋肉でデジモテ?

みなさん、こんにちは。

突然ですが、この子しってますか??

9-1.jpg

そうです。

 

「人類、抹殺しちゃおうかしら」発言で一躍有名になった、

AI搭載ロボットのSophiaちゃん」です。

 

↓↓映像はこちら↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=W0_DPi0PmF0&feature=youtu.be

 

David Hanson博士が開発したSophiaちゃん、正直怖いです。

「人類、抹殺しちゃおうかしら」も本気か冗談か?表情からはさっぱり読み取れません。

ドラえもんみたいなビジュアルなら、こんなキモさは感じなかったのに・・・

 

それにくらべて日本マイクロソフトが開発した

LINE上で会話ができる人口知能の「りんなちゃん」。

9-2.jpg

着々と腐女子化しているそうです。

↓↓

http://matome.naver.jp/odai/2145901239311889201

 

※腐女子とは https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%90%E5%A5%B3%E5%AD%90

 

未来の人工知能は、りんなちゃん方向に進化することを期待します。

 

 

さて、本日は

「第50回スーパーボウル」についてレポートしてみたいと思います。

 

まず、NFL観戦歴25年の私から、簡単にスーパーボウルのご紹介。

 

・アメリカンフットボールのプロリーグ(NFL)のチャンピオンを決めるボウルゲームです。

AFCNFC2つのカンファレンスがあり、互いのチャンピオンチームが戦います。

・スーパーボウルの視聴率は40%を切ったことがない。(今年は49.0%。11190万人が視聴)

・アメリカでの歴代TV視聴率トップ15の半分以上の8つがスーパーボウル。

・スポーツイベントに限った場合ではトップ10のうち、9つがスーパーボウル。

・歴代視聴者数ランキングでは、トップ10全てをスーパーボウルが独占。

 

とまあ、こんな感じで。

 

NFLに興味がない方も、今年のハーフタイムショーなんかはいろんなところでシェアされてたので

目にしている方も多いかと思います。

 

↓↓ペプシプレゼンツのハーフタイムショーかっこよすぎ!

https://www.youtube.com/watch?v=PXQWtDZrO5E

↓↓私が中3の時にちびったマイケル初登場のハーフタイムショー、やべえよこれ

https://www.youtube.com/watch?v=idg8TNknvDU

 

ちなみに今年のスーパーボウルはハーフタイムショーの視聴率が一番高かったそうです。

 

毎年高騰するスーパーボウルのTVCMですが、

今年は、初めてテレビとネット中継で同時に同じ広告を放送することになりました。

広告は30秒当たり500万ドルで販売され、36000万ドルを売り上げたと。

ネット中継の視聴者は平均140万人だったということで、まだまだTV視聴者には

まったくおよばない数字ですが、毎年徐々に増えていってます。

 

↓↓2016年スーパーボウル、話題になったCMはこちら

http://cue.ms/column/super-bowl-2016-ads/#.Vv-vPlJf3Yg

↓↓すべてのCMをみたい方はこちら

https://adblitz.withyoutube.com/#!/advertisers

 

Youtubeユーザーが選ぶスーパーボウルベストCMは「POKEMON20周年」だったようです。

おそるべし全米のポケモン愛。

 

CMもさることながら、今年は、スーパーボウルでのソーシャルメディアの活用が一段と進みました。

 

例えば、米国で躍進中のスマホ向けソーシャルメディアSnapchat(http://toyokeizai.net/articles/-/87167)

live storyという、ユーザーがイベント会場などでスマホを使って撮影した映像クリップを一つのテーマ

で次々流すコーナーを持っているのですが、ここに今回初めて、NFLと提携して「スーパーボウル」

が登録されました。

ゲーターレードの施策では、ただ単純に「ゲータレードシャワーを映像に組み合わせる」だけの施策

でしたが、驚きの16000万を超えるインプレッションを獲得。

TV視聴者数を上回る結果となりました。

http://digiday.jp/brands/gatorades-super-bowl-snapchat-filter-got-160-million-impressions/

 

Facebookでは第50回スーパーボウル開催に合わせて、

Facebook Sports Stadium(http://news.mynavi.jp/news/2016/01/22/588/)」を開設。

ライブのスコア、各種の統計データ、試合経過の実況、特定のプレーに関する友達からの投稿や

コメント、専門家の投稿、メディアの報道内容などをまとめたページを開設しました。

 

また、YouTubeNFL公式ページでは、試合中にハイライトシーンを次々とアップ。

広告や予告編は33000万回以上視聴されたとのことです。 

 

 

NFLTV放映だけでなく、スマホ、タブレットを駆使して、スーパーボウルを盛り上げる

戦略をとりました。視聴習慣の進化に合わせて、テレビを見ながら、より多くの情報を求めて

モバイル機器を駆使する世代もしっかりとカバーできる体制を整え始めた、ということです。

 

このように、全米で「異常な影響力」を持ち、絶対的なコンテンツとして君臨するNFLおよび

スーパーボウルは、今後も「『超』異常な影響力」を持つために、テレビ以外のコンタクト

ポイントをしっかりととりこんで、進化しています。

 

もともとあるテレビのビッグコンテンツとデジタルの関わりは試行錯誤が続いていて、

まだまだ序章といったところですが、スポーツ中継の発展の歴史ともいえる、

NFLとスーパーボウルの動向は、常にウォッチが必要ですね。

 

NFLとスーパーボウルのレポートをしてきましたが、国内に目を向けると、

 

電通も持ってるじゃないですか。超優良LIVEコンテンツを。

オリンピック。ワールドカップ。世界陸上。世界水泳。他にもまだまだ。

 

テレビタイムのセールスに偏りがちですが、

新しい視聴習慣が育っている今、コンテンツとデジタルの関係にどんな意味を持たせるのか、

チャレンジを繰り返していく時期なのかもしれません。

 

だって他店にはできないことなんだもの。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中