となりのデジタル第8号 データに強くなる。デジモテになる?

みなさん、こんにちは。

突然ですがクイズです。

この人は誰でしょう?

8-1

…誰でしょう、この好々爺は?

うーむ…

わかった!この人だ!

8-2

あの名優、ロビン・ウィリアムズ。

 

 

 

「グッド・ウィル・ハンティング」「レナードの朝」

「グッドモーニング ベトナム」など数々の名画に出演。

残念ながら一昨年、自ら命を絶たれ、スクリーンで彼の

新作を見ることはもうできなくなってしまいました…。

残念なことです。

 

 

 

 

 

 

しかしもうひとつ残念なことに、一枚目の方はロビン・ウィリアムズではありません。

クイズ的には×です。

難しいものです。

 

 

 

 

 

じゃあ、この人?

8-3

 

いえ、ちがいます。この人はミセス・ダウト。

というか、正確に言うとこの人はロビン・ウィリアムズです。

正解とは言えません。

 

…じゃあ、やはりこの人か…

8-4.jpg

日曜洋画劇場にてミセス・ダウトを紹介する故・淀川長治さん。

惜しい!惜しすぎるのですがやはり違います。

 

そろそろ皆さん飽きてきて、このメールにサヨナラサヨナラサヨナラしたい

方もいらっしゃると思いますので、正解を申し上げます。

8-1

この方は、Gary Thuerk氏。

 

なんとこの方、 

197851日、世界で初めてスパムメールを送った人

 

なのです。

 

その世界では

Father Of  Spam (スパムの父)

と呼ばれています。

8-5.jpg

いや~、やっぱりやっちゃいますよね。

スパム持って記念写真。

スパムの父しか許されない所業です。

 

ちなみに、最初のスパムメールとは、こんな内容でした。

————————————————————————–

DIGITAL WILL BE GIVING A PRODUCT PRESENTATION OF THE NEWEST MEMBERS OF THE

DECSYSTEM-20 FAMILY; THE DECSYSTEM-2020, 2020T, 2060, AND 2060T.  THE

DECSYSTEM-20 FAMILY OF COMPUTERS HAS EVOLVED FROM THE TENEX OPERATING SYSTEM

AND THE DECSYSTEM-10 <PDP-10> COMPUTER ARCHITECTURE.  BOTH THE DECSYSTEM-2060T

AND 2020T OFFER FULL ARPANET SUPPORT UNDER THE TOPS-20 OPERATING SYSTEM.

THE DECSYSTEM-2060 IS AN UPWARD EXTENSION OF THE CURRENT DECSYSTEM 2040

AND 2050 FAMILY. THE DECSYSTEM-2020 IS A NEW LOW END MEMBER OF THE

DECSYSTEM-20 FAMILY AND FULLY SOFTWARE COMPATIBLE WITH ALL OF THE OTHER

DECSYSTEM-20 MODELS.

 

WE INVITE YOU TO COME SEE THE 2020 AND HEAR ABOUT THE DECSYSTEM-20 FAMILY

AT THE TWO PRODUCT PRESENTATIONS WE WILL BE GIVING IN CALIFORNIA THIS

MONTH.  THE LOCATIONS WILL BE:

TUESDAY, MAY 9, 1978 – 2 PM

HYATT HOUSE (NEAR THE L.A. AIRPORT)

LOS ANGELES, CA

 

THURSDAY, MAY 11, 1978 – 2 PM

DUNFEY’S ROYAL COACH

SAN MATEO, CA

(4 MILES SOUTH OF S.F. AIRPORT AT BAYSHORE, RT 101 AND RT 92)

 

A 2020 WILL BE THERE FOR YOU TO VIEW. ALSO TERMINALS ON-LINE TO OTHER

DECSYSTEM-20 SYSTEMS THROUGH THE ARPANET. IF YOU ARE UNABLE TO ATTEND,

PLEASE FEEL FREE TO CONTACT THE NEAREST DEC OFFICE

FOR MORE INFORMATION ABOUT THE EXCITING DECSYSTEM-20 FAMILY.

——————————————————————–

ええ、全然意味がわかりません。

要は、DECという会社に所属していたこのゲイリーさんが、

SYSTEM-20 FAMILYなるコンピューターを熱烈に売り込んでいる、という内容のようです。

 

このメール、まだインターネットが一般に活用される前に存在した

「ARPANET(アーパネット)」というパケット通信ネットワークを通じて

393人に送られたものでした。

 

記念すべき?最初のこのスパムメールも、

当時から批判の声があがっていました。

 

「こんな長いメール送ってくるんじゃねえ」

「このような広告使用は承諾しかねる云々」

などなど。

とはいえ、本稿でスパムメールの功罪を問うことは避けます。

今回のお題は

「アドベリフィケーション」です。

ご存じの方もそうでない方もいらっしゃると思いますが、

このアドベリフィケーションとは、

「広告主のブランド毀損を招く恐れのあるページを、ルールに則って機械的に判別し、

広告が表示されることを防ぐもの」です。

例えばDSPってありますよね。

3営でも多くの方が実施されていると思いますが、

ご存じのとおり、DSPの場合

広告が具体的にどのサイトに出稿されたかは、基本的に我々はわかりません。

つまり、健全なディスプレイ広告を活用していたとしても、出ているサイトが

公序良俗に反している可能性がある、ということです。

上質な世界を描いた紅茶のバナーが、超エロブログに掲載されている

 

なんてものを見たら、「この紅茶屋はどんなサイト応援してんねん」という話になって

クライアントのイメージは大変悪くなるでしょう。

 

もちろん、DSP事業者は配信先を事前に審査してこのようなことが起こらないように努めている

のですが、フリークアウトの経営企画部・溝口浩二氏によると、

 

「審査を通過した後、アクセスを増やすために公序良俗に反したり、

著作権を侵害するコンテンツを掲載する媒体が、わずかだが存在する」

 

とのことです。

 

怖いですね。

 

この課題を解決しよう、という試みがアドベリフィケーションです。

8-6.jpg

このアドベリフィケーション、ルールにのっとって機械的に問題あるサイトを判別し

広告表示を防ぐものです。

しかし、海外では普及していたものの、日本は固有のネット文化が広がっていて

対応が遅れていました。

外国の方が2ちゃんねらーの用語を見てもチンプンカンプンですもんね…

そんな中、このフリークアウトがこのアドベリフィケーションを強化した、

というニュースが昨年ありました。

フリークアウトDSP「FreakOut」、 業種別のブランド保護機能を追加し、

アドベリフィケーションを強化

https://www.fout.co.jp/pr20151027/

 

前述のとおり、日本語を言語判定するのはかなり難しいことです。

そこで、フリークアウトは、「はてな」と協働することにしました。

はてなは、気に入ったサイトをネット上に登録し、

いつでもアクセスできるサービス「はてなブックマーク」を提供していて、

利用者は、このサービスにサイトを登録するときに、分類するタグを付けます。

これがビッグデータとなっていて、

はてなはなんと累計2億2000万超、約414万種類のタグデータを保有しています。

はてなブックマークは多数の人が登録すると、

人気サイトとしてお薦めされるしくみのため、

機械的に登録数を増やすスパム行為が広がる可能性があります。

そのため、はてなでは、この膨大なタグデータから、

「このサイトはヤバい」

というものを判定するアルゴリズムを日夜開発していたんですね。

要は、サイト内の文言だけではなく、ユーザーが分類したタグデータも使って

分別しているということです。

フリークアウトは、このやり方に目を付けてアドベリフィケーションを開発したわけです。

ブランド毀損のリスクを回避すべく、DSPに後ろ向きであったクライアントに対しても

説得力を持っておすすめできる材料が、日々そろいつつある、ということですね。

ここまで書いてきて、ふと思うことがあります。

DSP、DMP…と、便利なシステムやプラットフォームが日々誕生する中、

肝心の「ユーザーとの接点」を忘れて売り込んでないか?

ということです。

長所を売り込むがあまり、

広告会社の人間として忘れてはいけないこの視点が、抜け落ちてはいないか…と

自戒を込めて思った次第です。

スパムメールが最近多いなあ…どうやって制御したらいいんだろなあ…

と考えていたところ、アドベリフィケーションに行きつき、

そこからいろいろ考えさせられることも多かったので、

皆様にご紹介させていただきました。

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中