となりのデジタル第2号 VODを知る。デジモテになる?

2016年37日は、松下電気器具製作所(現 パナソニック)の創設日です。

1918年の今日、松下幸之助(23歳)は妻と義弟の3人だけスタートを切り、

扇風機の碍盤を製造するかたわら、夜遅くまで配線器具の考案に没頭したそうです。

2-2

創業して数年後の若い3人。後列左から、松下幸之助、井植歳男(義弟)、松下むめの()

出典:パナソニック社WEBサイトより

 

1世紀近い時が流れ、時代はIoTの黎明期。

彼らの目にはどのように映っているのでしょうか… 

さて、となりのデジタル第2号は、第1号にて特集したIoTに肩を並べる

(むしろ市場では一歩先を行っている?)Video On Demandを取り上げます。

2015年には、世界最大級のシェアを誇るNetflix が日本市場に参入したことが大きく話題になりました。

Netflixは世界190ヶ国以上で展開。会員数7,500万人超、

※20151012月の四半期売上が2,000億円超。

2-1

グローバルにおいても、さらなる攻勢を仕掛けている模様です。

~米メディア各社が投資競争-ネットフリックスの5700億円投入計画~

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O3G8LW6KLVR401.html

一方で、日本では民放5局がキャッチアップサービス“TVer”を開始したことも話題になりました。

今年の2/25()の時点で、アプリDL数は200万を突破したそうです。

http://tver.jp/

http://www.tv-asahihd.co.jp/contents/press/2016/20160301.pdf

2-3

ニールセン社が行った「TVVOD」と「SVOD」に関する201511月期を対象にした調査では、

スマートフォンからの利用者数を昨年と比較すると、

TV局系のVODは全体の利用者数が約10倍に増加しているのに対して、

SVODは全体の利用者数は大きな変化は見られませんでした。

TVVOD:「NHKオンデマンド」「日テレオンデマンド」「テレ朝動画」「TBSオンデマンド」「テレビ東京オンデマンド」

「フジテレビオンデマンド」「TVer

SVOD:「Amazonプライム・ビデオ」「dTV」「Hulu」「Netflix」「U-NEXT

 

一方で、月間利用時間が5分以上の利用者数の推移をみると、

TV局系のVOD117万人増加、SVOD67万人増加していました。

平均利用時間でみても、TV局系は201411月時点では2分であったのが

201511月には12分に、SVODでは5分であったのが31分に増加していました。

2-4

 

出典:ニールセン、日本のビデオオンデマンドのスマホ、PCからの利用状況を発表

http://www.netratings.co.jp/news_release/2016/01/Newsrelease20160126.html

  「ユーザーによる課金」のSVOD と 「広告収入」のTVVOD

これから日本市場でどちらがイニシアチブをとっていくのか注目です。

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中